佐藤総合計画


HOME > 佐藤武夫ギャラリー > プロフィール
CONTACT USSITEMAP
佐藤武夫のプロフィール

佐藤武夫1899年(明治32年)名古屋市主税町に生まれる。
父上が軍人であったため、その転任に伴って幼少の頃より仙台、京都伏見また名古屋ヘと転居した。中学校は名古屋の明倫中学校から北海道旭川中学、そしてまた山口県岩国中学校へと転校。 1917年(大正6年)に岩国中学校を卒業。
後年の作品に縁の深い旭川中学、岩国中学で多感な少年時代を過ごした。

1919年(大正8年)早稲田大学理工科予科に入学。
その年の正月、神楽坂の本屋で見つけた「世界の建築様式」森田洪著に夢中になり、医者志望を止め建築家になることを決心した。早稲田を選んだのは、それ以前から見ていた雑誌「建築評論」とか「建築世界」に執筆していた佐藤功一、岡田新一郎、内藤多仲、吉田享二、今和次郎などが親しいものに思えたから。

1924年(大正13年)早稲田大学理工学部建築学科を卒業。
建築家になるための修業として長野宇平治先生の事務所に行く話が進められていたが、佐藤功一教授の命令で設計製図を受け持つこととなり、卒業と同時に助教授の辞令が出る。学生時代から佐藤功一先生の事務所の業務に参画していたので、デザインの才能を高く評価されていたからでもある。その頃、大隈講堂の建設のために公開設計競技が行われ、前田健二郎+岡田捷五郎の案が一等当選したが、実施に当たっては佐藤功一教授が想を新たにして再出発することになり、佐藤武夫が実質上の設計担当者に指名された。

大隈講堂 1925 年(大正14年)大隈講堂の設計に没頭したが、演劇もできる講堂でなければと、坪内逍遥宅へ出入りして親しく教えを受ける。劇場史の研究も進めていたが、講堂設計の過程を通じて、音響のことを自ら解決しなければならないこととなった。当時の物理的な音響学では、建築の設計プロセスに乗らないで、やはり建築家が音響設計の体系化をやらなければと痛感した。これが建築音響の研究に進むキッカケとなった。 舞台装置
1926 年(大正15年)大隈講堂の参考として、「宝塚大劇場の音響学的調査」を黒川兼三郎教授(電気通信科)と共同で早稲田建築学報に発表。これが佐藤武夫の音響関係論文の第一号である。この年の暮、日光東照宮の「鳴竜現象」を解明する。

1935年(昭和10年)「オーディトリアムの音響設計に関する研究」により早稲田大学より工学博士の学位を受ける。
この時代の作品としては、1932年赤坂溜池のホテル地下「フロリダダンスホール」の改修、1933年住宅「鴟喃荘」がある。

1938年(昭和13年)早稲田大学教授となり、建築計画学、設計製図、音響学を担当する。

フロリダダンスホール/鴟喃荘
1945 年(昭和20年)終戦により中国大陸から、就職で送り出した卒業生たちが引き揚げてきて、その世話を考え、自宅(東伏見)で設計の実務を始める。これが佐藤武夫設計事務所の発足の原点となる。終戦直前の3月、戦時下最後の建築「岩国徴古館」が竣工。

1951 年(昭和26年)早稲田大学教授の職を辞し、設計事務所の実務に専念することとなる。岩国市顧問として「錦帯橋」復元工事に参画。

左 錦帯橋、 右 見上げディテール
旭川市庁舎 1952 年(昭和27年)秋、ユネスコ国際芸術家会議に建築家代表として出席。2ケ月に渡り欧州、中東の各地を旅する。その時の旅行記は随筆集「薔薇窓」に収録されている。

1957年(昭和32年)日本建築学会会長に当選(任期2年)在任中は定款の大改正など、会の性格の明確化と組織の改革に努力した。
作品:旭川市庁舎(1958年)

北海道開拓記念館 1967年(昭和42年)建築文化の向上に対する多年の業績により日本芸術院賞受賞。
作品:福岡県文化会館(1964年)、大津市庁舎(1967年)、中央区庁舎(1967年)などをパネル化して天皇に説明。

1972年(昭和47年)4月11日、築地聖路加病院で死去。亨年73才。
最期の代表作は、北海道開拓記念館(1970年)となる。


PAGETOP
Copyright 2006 AXS SATOW INC., All Rights Reserved.
PRIVACY POLICYSITE POLICYCONTACT USSITEMAP