佐藤総合計画


HOME > 作品集 > スポーツ施設 > 維新百年記念陸上競技場
CONTACT USSITEMAP

維新百年記念陸上競技場

風景の中に軽快に浮かぶ大屋根

維新百年記念陸上競技場

風景の中に軽快に浮かぶ大屋根 風景の中に軽快に浮かぶ大屋根

●心地よい景観づくり

鳳翩山(ほうべんざん)を中心とする景観は地域の大きな財産であり、メインスタンドから望む圧倒的なパノラマの風景を切り取るビューポイントとなっています。

●魅力ある空間づくり

多く一般県民が利用しやすい施設とするため、外から中のスポーツをしている様子が感じられるファサードづくりを行っています。

●地球にやさしい施設づくり

大きなエネルギーを消費しがちな競技場建築にて、自然エネルギーを採用し、利用形態を工夫するエコスタジアムとして計画しています。

Pagetop

新しいスポーツ交流の拠点となる競技場建築

維新百年記念陸上競技場

美しい山並みと調和した印象的な風景づくり

◆美しい山並みと調和した印象的な風景づくり

メインスタンド大屋根は、浮遊感のあるイメージの形状とし、テンション材で吊り上げる軽快なシルエットを実現しています。これを支える力強いマストは躍動感や上昇感を与え周辺地域のシンボルとなっています。

美しい山並みと調和した印象的な風景づくり

◆一般県民からアスリート、障がい者まで対応するスポーツ交流の場

ファサードの透明感を高め、気軽に入りやすいデザインとし、エントランスはトレーニング室やフィールドが見渡せ、交流や休憩のためのスペースを確保しています。

一般県民からアスリート、障がい者まで対応するスポーツ交流の場
一般県民からアスリート、障がい者まで対応するスポーツ交流の場

◆自然エネルギーの有効利用と循環

雨水をトイレの洗浄水や大量に必要となるフィールドの散水に利用するほか、電力はバックスタンドにソーラーパネルを設置し、競技用照明については発電機対応で、必要なときのみ発電する計画としています。

自然エネルギーの有効利用と循環
自然エネルギーの有効利用と循環
Pagetop

設計者からの一言

維新百年記念陸上競技場

設計者からの一言
Pagetop

維新百年記念陸上競技場の詳細情報

維新百年記念陸上競技場

名 称
維新百年記念陸上競技場
所在地
山口県山口市
竣工年
2011年3月
構 造
RC,PC,S
規 模
4F
延床面積
20,585m2
用 途
屋外スポーツ施設
Pagetop
撮影者:佐藤 弘幸

維新百年記念陸上競技場


Copyright 2006 AXS SATOW INC., All Rights Reserved.
PRIVACY POLICYSITE POLICYCONTACT USSITEMAP