佐藤総合計画


HOME > 作品集 > スポーツ施設 > 小笠山総合運動公園 エコパスタジアム・エコパアリーナ
CONTACT USSITEMAP

小笠山総合運動公園 エコパスタジアム・エコパアリーナ

小笠山総合運動公園 エコパスタジアム・エコパアリーナ 外観
所在地
静岡県袋井市
竣工年
2001/03
発注者
静岡県
構 造
RC,PC
規 模
5F/B1F
延床面積
105,858m2
用 途
屋外スポーツ施設、屋内複合スポーツ施設
客席数
10,000席
受 賞
2002 中部建築賞
2003 建築業協会賞
小笠山総合運動公園 エコパスタジアム・エコパアリーナ 外観
小笠山総合運動公園 エコパスタジアム・エコパアリーナ 外観

撮影者:エスエス名古屋

小笠山総合運動公園 エコパスタジアム・エコパアリーナ 外観

設計コンセプト

最先端の屋根開閉機構と自然エネルギーを最大限に活用する各種システムを導入した全天候型の多目的ドーム「エコドーム」です。厳酷の冬を耐えるだけでなく、暖かな春への期待感や四季を通じて、豊かな自然と融和できる施設づくりが、「つがる克雪ドーム」のコンセプトです。楕円形を基本とした平面形態と優美な曲線は地吹雪や風対策を考慮した結果であり、目的・気候に合わせて開閉する屋根は街の新たな風景を創り出します。高透過・軽量で雪が付着しにくく滑雪しやすいテフロン膜の採用で、昼間の自然光による明るさの確保と、屋根の重量の軽減による安定感のある開閉システムの構築が可能となり、地吹雪対策にもなります。

小笠山総合運動公園 エコパスタジアム・エコパアリーナ

Copyright 2006 AXS SATOW INC., All Rights Reserved.
PRIVACY POLICYSITE POLICYCONTACT USSITEMAP