佐藤総合計画


HOME > AXS ギャラリー > 水と緑の両国 東京ウォーターツリー
CONTACT USSITEMAP

水と緑のネットワークのある街、両国

歴史的背景を踏まえた両国の再生提案

私たちの提案は、まず「第29回全国都市緑化フェアTOKYO」日比谷公園会場にて披露されました。江戸の昔、川は都市に対し、現在よりもはるかに重要な役割を担っていました。一つには物流などの経済基盤として、そして一方では人々の文化の揺籃の場としてです。人々は水辺に集い、川を愛で、その向こうに広がる景観を愛でました。また、船に乗り、陸を行くのとは異なる風景を楽しみました。
私たちは、川と都市、緑と都市の関係を見直すため、自らが位置する両国地域をモデルケースに、かつてこの地域にあった「水と緑のネットワーク」を再生することを念頭に『水と緑の両国』を提案しました。

水と緑のネットワークのある街、両国 イメージ画像02
水と緑のネットワークのある街、両国 イメージ画像01

第29回全国都市緑化フェアTOKYO 日比谷公園会場

森のどんぐり=種形状をした展示ブース

逆四角錐台の形状のブースは、弊社の若手所員有志が設計し、施工の管理まで行ったものです。屋根にはテントの屋根をそのまま利用して、種の形を想起させる形状となりました。
このブースの中には、『水と緑の両国』の広域模型が納められ、会場を訪れた方々にご覧いただくことになりました。

第29回全国都市緑化フェアTOKYO 日比谷公園会場 イメージ画像02
第29回全国都市緑化フェアTOKYO 日比谷公園会場 イメージ画像01

お絵かきワークショップ開催

子供たちの感性で種から花が咲く

会期終盤の10月27日には、隣接ブースの財団法人都市緑化機構様と共同して、絵本作 家宮澤ナツさんのご指導の下、ブースをキャンパスに見立てて子供たちに自由に絵を描いてもらう「お絵かきワークショップ」を開催、白いブースに色とりどりの花が咲きました。

お絵かきワークショップ開催 イメージ画像02
お絵かきワークショップ開催 イメージ画像01

佐藤総合計画1階ギャラリーでの展示

佐藤総合計画1階ギャラリーでの展示 イメージ画像01

移設されたブースと解説パネルによる展示

現在、ギャラリーでは、移設されたブースと模型、そして隅田川に関する調査および過去の提案についてのパネルを一堂に展示し、私たちの提案を具体的にお知らせしました。

佐藤総合計画1階ギャラリーでの展示 イメージ画像01

【展示期間】 2013年1月7日〜8月2日


Copyright 2006 AXS SATOW INC., All Rights Reserved.
PRIVACY POLICYSITE POLICYCONTACT USSITEMAP